スポンサーリンク

964枚目「灯火三十六景 サムト」

暴君潰しサムト

Samut, Tyrant Smasher / 暴君潰し、サムト (2)(赤/緑)(赤/緑)
伝説のプレインズウォーカー — サムト(Samut)
あなたがコントロールしているクリーチャーは速攻を持つ。
[-1]:クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは+2/+1の修整を受け速攻を得る。占術1を行う。
5

暴君潰し、サムトとは哀しみの英雄である。





次元:アモンケットの人間。女性。
アモンケットは王神の教えの元、5柱の神々が課す試練を超えるべく人々が修練の日々を送る世界である。
種族を問わず5歳になると同い年の者たちと一門を組み家族のように過ごし自身を研磨する。
そして試練を超えた者には青く輝くラゾテプ鉱組み込まれた装飾品、カルトーシュが送られ、最後の激情の試練を超えしものはその遺体を来世の門へと送られ王神の帰還を待つことになる。大小二つの太陽の内、小さい副陽が王神の碑に入る『啓示の刻』まで。
また試練の半ば、辿り着けずに命を落とした者は次元そのものにかけられた呪いにより、ゾンビとして生者のための労働者となる。

彼女は修験者の中でも名高く一門の指導者の地位にあった。

幼少期。同じ一門になる事が決まっていた幼馴染のエイヴン、ナクトは好奇心が強く王神の教え以外の知性を求めてしまう。
王神の教えに忠実なデジェルと共に3人で結界に守られた街、ナクタムンを抜け出し遺跡を探索するが、今まで見たこともない怪物に囲まれる。

ナクトは『ある文字』を見つけてしまい、やはり来るべきではなかったと悟り、怪物の包囲からサムトとデジェルを逃がすが、自身は食われ絶命する。

二人は幼き日の暗き思い出としてこれを押し留め時を過ごすが、サムトはナクトの遺志を継ぎ、古くから伝わる舞踏を学びその中から失われし歴史を知ろうとしていた。
そして存在が忘れ去られた碑が封じられた小部屋にて、かつて遺跡で見た象形文字で語られた王神最初の到来を読み解く。

王神は大いなる侵入者。アモンケットに破壊を振りまいた存在だった。神々をも欺き真実を作り変えたのだ。
王神の欺瞞に辿り着いた彼女は群衆に向け真実を叫ぶも造反者として破門となった。

王神の帰還が迫る中、試練による死の無意味さを知り、親友のデジェルに真実を伝えるも、試練を受ける彼の意志は固く拒絶される。
ハゾレト神に親友の助命を懇願するも聞き入れてもらえるわけもなく捕縛される。
時を同じくしてアモンケットに来ていたゲートウォッチにより救出されると、ギデオンと共にハゾレト神の試練を受けるデジェルの元へ介入し命を助ける。
そして、『啓示の刻』。来世の門が開かれるもその先は楽園なのではなく無であった。

蝗、蠍、スカラベ。失われし三柱の神々が顕現し神々へと試練を課し最も強大なロナス神が絶命。
ナクタムンの結界が解かれてしまいケフネト神、オケチラ神もまた民を守るべく戦い絶命する。

混乱の中、さらに門から永遠衆が現れ街は殺戮に呑まれる。

そして王神ーーーニコル・ボーラスも帰還。
サムトは人々に改めて「王神は別の世界からの侵略者」だと真実を告げ、

「王神があなたを試していると思うなら、私を倒してそれを証明しなさい。王神が私たちを騙していたと思うなら、明日のために私とともに戦いましょう。」
――ター一門の元修練者、サムト
人生は、続く。
アモンケットを、最後に残りしハゾレト神を守るべく。アモンケットは共に戦い蠍の神を斃す。

「我が子らよ、感謝する」
「其方ら皆、私が願う以上のことを成してくれた。いかなる定命が成してきたよりも。だがこの責務は私が自ら終わらせねばならぬ」
「其方は我が兄弟姉妹を殺戮した。だがそれは其方の望みでも企みでもないことは知っている。同胞よ、安らかに。我が炎がその姿と暗黒の枷から其方を解放せんことを」
 そして躊躇なく、ハゾレト神は二又の槍で蠍の神を貫いた、オベリスクが甲殻から突き出たその場所を。熱のさざ波が発せられ、そして黒煙が蠍の神から渦巻いて上がった。身体の内から燃やされて外殻が内側へと崩壊し、その神は燃えがらと灰に帰した。

そしてハゾレト神はサムトに感謝の言葉を告げる。アモンケットの神として信じ共にあってくれたことを。
その神としての深い愛に触れたサムトの内で何かが弾けプレインズウォーカーとして覚醒。ゲートウォッチの面々と同じ存在になったのだと認識する。

その後、王神ボーラスとゲートウォッチの戦いを感じ取るもこれには参加せず、ハゾレト神他の生き残りと共に生存の旅路へ。

「八柱の神々が揃っていた時、我等はあのドラゴンに立ち塞がり、そして敗れた。余所者らがあれを止められるかどうかはわからぬ。彼らの成功を祈ろう」
 神は生存者らへと向き直った。
「だが我が子らよ。今はただ耐え、命を繋ぎ、生き延びよ。砂漠へ向かい、砂と蜃気楼の中に隠れ処を見つけよう。そして私がアモンケットの一柱として生き続ける限り、其方らを守ろう」

「……強大な侵略者がナクタムンの廃墟へと破壊を降り注ごうとも、遺された神ハゾレト、アモンケットの定命の母にして庇護者は、その廃墟から子供らを連れ出した。かくして、これより神と定命は定かでない未来へと向かう。」
 ――アモンケットの生存者、ハキカ記す
不屈
人生は、続く。

その後、灯争大戦へ参戦。
ボーラスへの復讐者であり、永遠衆の解放を望む立場でボーラスの危険性をプレインズウォーカーに伝える。
永遠衆は元は彼女の故郷の人々であり、戦いながら悼んで、そしてまた悼んでは戦うというとても苦しい姿を見せた。

永遠衆を送り込んでくる次元橋攻略のため、アモンケット現地住民であることから参加表明。
カーン、ダグ、悪魔人間と共にそれを成し遂げたのだった。

おまけ:独断と偏見によるプレインズウォーカーの強さランク。
ソシャゲーのwikiでよくある、キャラの強さランク。
これを私個人が独断と偏見で勝手に決める。リセマラの参考にしてくれ。
前提として、明確に最強であるラヴニカ襲来時のニコル・ボーラスを10/10、まだ若く発展途上故に際立った強さを描かれていないナーセットを5/5、俺たちゴリラを1/1。これらを基準として設ける。
サム
・アモンケット、ター一門の指導者になる実力者。
・世界で唯一真実を知り抗う神をも恐れぬメンタルの強さと行動力を持つ。
・ただひたすらに修業を積んだ人間だが、白兵戦は永遠衆相手に無双できるレベル。クリーチャー時の彼女の戦闘力は凄まじいものがある。
・アモンケット存続が重要でゲートウォッチには今後も参加しなさそう。
・顔が怖い。
6/8 A-RANK


マジック・ザ・ギャザリング商品リンク
チャレンジャーデッキ2020 イコリア:巨獣の棲処
ブースターBOX
テーロス還魂記
ブースターBOX

4種セット
火炎の連携(青赤白)
行軍の猛攻(赤単)
最後の出来事(黒緑)
刹那の蛮行(青緑)



コレクター版

 

フレイバーテキスト

  1. 試練を超えたものの速さを全く感じないテキストから一転しての速攻推し大好き

    0
  2. 試練を超えたものの速さを全く感じないテキストから一転しての速攻推し大好き

    0
  3. 倍増の季節になったら相当気持ちよくなれるけど砂漠に四季はない

    0
  4. 倍増の季節になったら相当気持ちよくなれるけど砂漠に四季はない

    0
  5. ダグ

    0
  6. ダグ

    0
  7. 二段階速攻すき

    0
  8. 二段階速攻すき

    0
  9. サムト兄貴は14歳のロリ

    0
  10. サムト兄貴は14歳のロリ

    0
  11. アモンケットのストーリーは本当に良かった。最近のストーリーで一番感動したかも

    0
  12. アモンケットのストーリーは本当に良かった。最近のストーリーで一番感動したかも

    0
  13. 人生という冒険は続く

    0
  14. 人生という冒険は続く

    0

今日の手札

ポータル

タイトルとURLをコピーしました