スポンサーリンク

932枚目「灯争電撃戦」

日和見吸血鬼

Vampire Opportunist / 日和見吸血鬼 (1)(黒)
クリーチャー — 吸血鬼(Vampire)
(6)(黒):各対戦相手はそれぞれ2点のライフを失い、あなたは2点のライフを得る。

「牙が欠けちゃったかも。」
2/1

日和見吸血鬼とは必殺である。





1日遅れで到着した灯争大戦の開封記事である。
前回同様にブースターブリッツをしながら行った。

~ルール~
1.ブースター1パック開封し、3枚デッキを4個構築
 ・先に構築終了した方が最初のゲームで先攻獲得。
 ・余ったカードははゲームで使用しない。
2.お互いにランダムに使用デッキを選択し、対戦。
 ・初期ライフ5、手札3枚(デッキすべて)
 ・ライブラリーからカードを引けなくなっても敗北しない。
 ・決着がつかない場合は引き分け。
3.ゲームが終ったら別のデッキで新たなゲームを始める。
 ・直前のゲームの敗者が先攻。
 ・引き分けだった場合は何らかの方法で先攻後攻を決める。
4.全4ゲーム中で勝利数が多かったプレイヤーが勝ち。
(リンク切れてるやんけ)

※僕たちの場合は使用デッキはランダムでなく選択式。

3枚の弾薬を4つの弾倉に装填・・・!
それが、ブースターブリッツ!!!!!!

灯争大戦の特徴はやはり、確実に1回は登場するプレインズウォーカー
なのだが、クリーチャーを破壊しつくす肉尻さんなどごく1部を除きそこまでの脅威にはならなかった。
特にティボ、カズミナ、テヨ、アングラスといったトークン生成が目立つが、勝ち切るには打点が乏しくさらにカードが必要。だが強いて言うなら、自身の能力で3/3しつつ3回生成できるアーリンはつよい。
さらに言えば自力で忠誠度を使い切ることができず、忠誠度1になったら放置され墓地から回収する呪文が使えない。自分で火力打って落とすにもデッキ3枚の制約上これだけで埋まってしまう。

今回のメカニズムである『動員』はとにかく動員され、単純に頭数を稼ぐだけでなく用意されているゾンビトークンのシナジーにサクリ台のコストと大活躍。
『増殖』は引きにかなり依存され特にプレインズウォーカーとの相性次第といったところ。
動員ゾンビを育てるのは厳しく、できても4/4。勝ち筋にするなら飛行を持たせる《永遠衆の天空王》など何かは仕込んでおきたい。

『パワー4以上』は正直空気だった。

今回のトップメタ。必殺カードで目立ったのは以下の通り。

サルカンの浄化。

2点割り振りや3点など満遍なく火力呪文が存在し、デッキの打点を底上げしてくれる中、問答無用のプレイヤー5点火力インスタント。打消しが通るのが救い。逃れ得る。

サムトと書いてあれば勝ち。
パワー3以上のクリーチャーがいれば先手で即死。
しかし、今回は先述の通り細かな火力呪文に《オブ・ニクシリスの残虐》といったインスタント除去が強いので負けはある。

ブロッカー完全排除。特に《鎖鞭のサイクロプス》は自身が4/4という驚異的な強さである。

先手で2枚捨てさせ2点ルーズまで付いている《ダブリエルの影忘》。
後手最強クラスの奪取呪文《激情の絆》。プレイヤー2点も選択できるので腐らない。
1枚でも勝てるカードがあるので必殺ではない。
だが《洞察の絆》《呪文持ちの奇魔》といった墓地から回収できる手段があり、特に《呪文持ちの奇魔》はコモンで出現頻度が高い。《ダブリエルの影忘》は友達を無くす。
《激情の絆》の方は《戦慄猫》などサクリ台で処分可能かつ、《ケイヤ式幽体化》つけて食べれば永続的に奪えやはり友達を無くす。

今回の爆弾その1《ウギンの召喚体》。パワー5億/タフネス5億。
破壊はどうしようもない。回避能力は一切ないが接死無効で殴ってれば勝つ。
欠点としてはダメージ分カウンターが減るので5億とか指定すると『あ、残り4,9999,9996です・・・』とかめんどくさいことになる。ご利用は計画的に。

今回の爆弾その2《マーフォークスカイダイバー》。狂気の無限増殖。
しかも、自身で+1/+1カウンターを1個用意できて飛行持ち。コンボなんてなくたっていい。

そして今回の最強カードが《日和見吸血鬼》。先手だろうが後手だろうが死ぬまでドレイン。コモン。
無限起動で打消し以外対処不可。ダメージでないので軽減できず、対象すら取らない。
全くもって日和ってない。

灯争大戦、やはりカードパワーが高い。プレインズウォーカーも華がある。ブースターブリッツおすすめの逸品。楽しい。
そんなどこもやらないような見向きもしないであろう灯争大戦カード紹介であった。

神話レア
《啓示の終焉》《約束の終焉》《龍神、ニコル・ボーラス》《永遠衆バントゥ》
レアFOIL
《迷い子、フブルスプ》《時の一掃》
絵違いプレインズウォーカー
ニコル・ボーラス
ニッサ チャンドラ カーン アジャニ タミヨウ
ファートリ ヴラスカ テヨ ヤングー サムト アングラス
ナーセット カズミナ サヒーリ ティボルト アーリン ヤヤ 放浪者

その他、テフェリー、ビビアン、ソリンが通常版。

だいぶ厳しい。値段は調べたくない。
だが欲しかった絵違いが多く剥いてて楽しかった。
せっかくだしボーラスウギンは揃えたかったし、正直に言うとビビアンが通常だったときはぐぬぬった。
店舗への供給安定したらまだまだ買うと思います。






マジック・ザ・ギャザリング商品リンク
チャレンジャーデッキ2020 イコリア:巨獣の棲処
ブースターBOX
テーロス還魂記
ブースターBOX

4種セット
火炎の連携(青赤白)
行軍の猛攻(赤単)
最後の出来事(黒緑)
刹那の蛮行(青緑)



コレクター版

 

フレイバーテキスト

  1. ブースターブリッツの攻略サイトと聞いて

    0
  2. 皆は親しみを込めてブーブリッて呼ぼうね!

    0
  3. 灯争大戦は本当にパックを剥くのが楽しい。
    リリアナが通常絵でぐぬぬったが、それでも楽しい。
    新生化、ナーセットなどアンコモンなのに下環境で強烈なコンボを生み出すカードもあるし、スタンやらない人にもオススメ。

    0

今日の手札

ポータル

タイトルとURLをコピーしました